この記事を書いた人
taro

人生を豊かにする漢の趣味について、発信しています!
没頭できる趣味を見つけ、共に楽しみましょう!

taroをフォローする

夏に楽しみたい男の趣味5選!夏にぴったりな趣味やレジャーをメリットデメリットで紹介!

漢の趣味

夏に楽しめる趣味とは

今年も暑い夏がやってきますね!

今回は夏に楽しみたい趣味を紹介します。

趣味の世界は、どんなものも1年を通して楽しめるわけではありません。

例えば、冬は雪や凍結・寒さなどの理由から多くのバイク乗りにとってシーズンオフになります。しかし、その分スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむことができます。それぞれの季節にあった趣味があるのです。

早速、夏にぴったりな趣味を紹介していきます!
それぞれのメリット・デメリットも合わせて紹介します!

夏に楽しみたい趣味5選

バイク・ツーリング

男性に人気の趣味ですね!

夏になると涼しい山や海辺にバイク集団がよく見られますね。

彼らはツーリングを楽しんでいるわけです!

暑い夏に全身で風を感じる、まさに爽快感!最高ですね!

〇長距離ツーリングや景色を見に行った時の達成感。
〇共に楽しむ仲間ができる!
〇愛者をメンテナンス・手入れする時間を含めて楽しい。
〇事故時の危険性
〇天候に左右される
〇ヘルメットをかぶることによる熱中症などの不安

最高の趣味であることは間違い無いですが、やはりデメリットも存在します。

バイクの危険性については多くの人が周知している事実であり、家族や恋人・友人にも止められるかもしれません。実際に筆者がそうでした。

また、夏という季節で考えてみると、突発的な夕立や暑さにも気をつけなくてはなりませんね。

たろ
たろ

安全第一で楽しみましょう!

バーベキュー

バーベキューはザ・夏の趣味ですね!

海辺などの大自然の中であったり、はたまた自宅の庭先など、かなり自由度が聞きます。

家族や友人を連れて行えば、その夏いちばんの思い出ともなるでしょう!

〇美味しい、楽しい、盛り上がる!
〇大人数でも少人数でも!
〇コミュニケーションの場・仲を育む場となる!
〇タープや屋根があるところでないと、天候に左右される。
〇準備や片付けが大変
〇近所など周辺への配慮が必要・火災などの恐れ

バーベキューは楽しい反面、ゴミのポイ捨てなど環境破壊が問題にもなっています。そのため、無料で使えるスペースや河川敷というのはかなり減少しています。場所を確保するというのも難しい話になってきますね。

たろ
たろ

片付けについて。油でギトギトになったコンロの手入れや食材の処理など、想像以上にハードなことが多いです。誰か一人に負担がかからないように配慮できるといいですね!

キャンプ

キャンプは筆者が一番好きな趣味です!

キャンプも世間一般には夏がシーズンなイメージだと思います。

しかし、筆者は夏が唯一キャンプをしない時期です。

その理由も合わせて以下でご紹介します!

〇大自然に囲まれてリフレッシュできる!
〇非日常を味わう。社会の喧騒から離れる。自分と向き合える。
〇家族や友人と貴重な時間を過ごせる!
〇料理やこだわりのキャンプ道具がより楽しくさせてくれる!
〇夏は暑すぎる。準備しただけで汗だく。
〇夜は光に虫が集まる
〇暑くて寝苦しい

結局のところ、日中だけ楽しむならまだしも、丸一日となると暑すぎます。

行くとしても、比較的涼しい避暑地を中心にキャンプ場を選んでみるといいかもしれません!

たろ
たろ

ちなみに筆者は虫が苦手すぎて夏にキャンプをやっていません笑

釣り

 夏など暖かい時期は、海や川の水温も上昇するので魚も活発になり、釣りが楽しめます!

釣れる魚の種類や食いつきも冬より多く、まさに夏は釣りシーズンと言えるでしょう!

・一人でも楽しめる
・一度道具を揃えれば比較的お金がかからない
・釣れたらいただくこともできる
・魚捌けるとかっこいい
・天候に左右される
・海や川が近くにない方もいる
・災害や事故に注意が必要
 
たろ
たろ

筆者も釣りをしますが、友人などの前で魚を捌けると一目置かれる感じがあります笑

インドアの趣味

 夏は暑いですよね、まして最近は暑いどころではなくなってきているレベルです。

そんな命の危険にもなりかねない近年の暑さを踏まえると、夏は室内で楽しめる趣味を行うのもいいでしょう。

・エアコンの効いた涼しい部屋で楽しめる
・比較的疲労感が少ない
・天候に左右されない
・体が鈍る
・ゲームなどは少々女子ウケが悪い
たろ
たろ

具体的には読書やゲーム,プラモデル作製やペットなど…

まとめ

 いかがだったでしょうか!

最後になりますが、ここ数年の夏の暑さはとんでもないものになっているので、無理のない程度に趣味を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました